プレスリリース 2016-02-16

クラウド会計ソフトシェアNo.1の「クラウド会計ソフト freee」が50万有効事業所を突破。

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )が運営するクラウド会計ソフトシェアNo.1 (※1) の「クラウド会計ソフト freee」の有効事業所数 (※2) が 2 月初旬時点で 5 0万を突破したことをお知らせします。

(※1)2016 年 2 月デジタルインファクト発表「第三回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査」「法人、個人事業主合わせて最も利用されているクラウド型会計ソフト提供事業者はfreee( 43.7 %)」より

(※2)「クラウド会計ソフト freee」を実際に利用した事業所数。freee の他サービス(クラウド給与計算ソフト freee等)を利用しているが、クラウド会計ソフト freee の利用実績のないアカウントは除く。
50万事業所 (1)

 

「クラウド会計ソフト freee」は 2015 年 10 月末に 40 万有効事業所を達成後も、会計事務所による法人ユーザーの紹介や、電子証明書ログインを行う銀行への対応数が 110 行へ増加したことや改正電子帳簿保存法のスキャナ要件対応機能の追加などから、法人ユーザーの数が増加しています。また freee のサービスをサポートしている会計事務所である「認定アドバイザー」の数も 2200 事務所を超えています。
また2016 年 1 月にリリースした質問に答えるだけで確定申告書が作成できる機能の好評を受け、個人事業主のユーザーも増加しています。

今後も freee は、スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう、経理業務をはじめとするバックオフィス業務の効率化を進めていきます。

 

■ ”freee 株式会社”について
ミッションは「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」。小さなビジネスに携わる誰もが、新しいテクノロジーやソリューションを導入することで、本当にやりたい創造的な活動にフォーカスできる、そして大企業よりも強くてかっこよくなれる、そんなワクワクする世の中を目指している会社。現在、資金調達累計62億円、利用事業所50万(クラウド会計シェア約4割強でNo.1)、導入会計事務所2200を突破。

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  62 億 5619万円(資本準備金含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
【提供サービス一覧】
「クラウド会計ソフト freee」  https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」https://www.freee.co.jp/payroll
「マイナンバー管理 freee」   https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」       https://www.freee.co.jp/launch/
「経営ハッカー」                        http://keiei.freee.co.jp/

ページトップへ