プレスリリース 2014-05-27

freee 株式会社が士業向け「認定アドバイザー」制度を刷新。導入実績の多いアドバイザーに特典の提供などを開始。

2014 年 5 月 27 日、「クラウド会計ソフト freee(フリー)」を運営する freee 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木大輔)は、会計事務所を中心とした士業向けに行っていた「freee 認定アドバイザー」制度を刷新いたします。

クラウド会計ソフト freee はサービス開始から 1 年で既に 70,000 を超える事業所にご利用いただき、現在も急ペースでユーザー数を増やしております。クラウド会計ソフト freee をサポートできる会計事務所を中心とした士業の方のニーズがますます高まっている状況を受けて、2014 年 6 月より「freee 認定アドバイザー」制度を刷新し、freee ユーザーのサポート体制を更に強化いたします。

新制度では、アドバイザー認定のための講習や専用サポートデスクを設置し、アドバイザーの方がより freee を理解し、適切なサービスをご提供できるようご支援をさせていただきます。
また freee の導入実績の多いアドバイザーの方には、「アドバイザー検索ページ」で上位に掲載させていただくなどの様々な特典 ( * ) をご用意させていただきました。

( * ) 詳細は以下に記載がございます。

freee 認定アドバイザー制度について
freee ユーザーを専門家の立場からサポートする会計事務所を中心とした士業の方を、所定の審査のもと「freee 認定アドバイザー」として登録し、各種特典をご提供する制度です。freee 認定アドバイザーは、freee 公式 HP の「アドバイザー申請ページ」よりお申し込みいただけます。

freee 認定アドバイザーの種類
従来制度からの主な変更点として、アドバイザー認定講習や専用サポートデスクのご提供を開始し、アドバイザーの方がクラウド会計ソフト freee の操作を習得する機会を増やします。

認定アドバイザーの種類

※ 通常よりも安価な税務相談サービスや、お試し期間の設置 等

認定アドバイザー向け特典

各サービスの詳細については、こちらからご確認いただけます。

今回の制度刷新および各種特典の提供等を通して、クラウド会計ソフト freee ユーザーとアドバイザーの双方がより一層本業にフォーカスできる環境の構築を目指してまいります。


全自動のクラウド会計ソフト「 freee (フリー)」について

freee (フリー) は、元Google 社員らによって開発され、2013 年 3 月にリリース。2013 年 5月には、IT関連企業経営者の祭典、Infinity Ventures Summit 2013 Spring におけるデモ大会(Launch Pad) で優勝するなど高い評価を得ております。
サービス開始から 1 年で既に 70,000 を超える事業所にご利用いただき、現在も急ペースで利用社数を増やしています。

会社概要

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  490,000,000円
所在地  東京都港区三田1-2-17 MSビル4F

メディア

「全自動のクラウド会計ソフト freee (フリー)」
スマートフォンで使える会計ソフト「 freee (フリー)」
「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」
freee 認定アドバイザー
freee 公式ブログ
経営ハッカー
代表 佐々木大輔ブログ
世界一ラクにできる銀行比較

本件に関するお問い合わせ

アドバイザープログラム担当
E-mail:advisor@freee.co.jp

プレスキット

ページトップへ