プレスリリース 2014-03-19

無料POSレジアプリ「Airレジ」と全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」が連携。「Airレジ」で、会計ソフトへの入力作業自動化を通じた店舗経営支援を3月19日より開始

スクリーンショット 2014-03-18 21.33.34 freee_new_logo

2014 年 3 月 19 日
株式会社リクルートライフスタイル
freee 株式会社

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 北村吉弘、以下:リクルートライフスタイル)と、freee 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木大輔)は、2014年3月19日より、無料POSレジアプリ「Airレジ」と全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」を連携いたします。これによりAirレジを利用頂いている店舗の売上データは、自動で freee に会計データとして取り込むことができ、各店舗は、無料で会計帳簿作成から決算書の作成まで会計業務全般を完結できるようになります(※)。

従来のレジを使った場合、レジに売上データが入っていても、日々の締め作業でレシートを再度印刷し、会計ソフトにその内容を手入力するといった作業が必要でした。Airレジでは、レジで受けた情報はリアルタイムにクラウドサーバに連携され、売上額や客の入り状況をいつでも日時、月次でPC・スマホから確認できます(組数あたりの単価、客単価、どの商品がいつどのくらい売れているのか(ABC分析)等)。今回Airレジと freee を連携させてご利用いただきますと、Airレジで集計した売上のデータは1日1回 freee に自動で取り込まれ、freee 上で複式簿記の仕訳として反映されます。また、現金だけでなく、クレジットカードやリクルートポイントでの支払いについても区別して取り込むことが可能です。このように、日々の売上の集計・会計ソフトへの入力の作業を自動化することにより、毎日の経理業務の負担を大幅に削減できると共に、簡単に確定申告や法人決算に必要な決算書・申告書を作成することも可能となります。

また本日より、Airレジご利用のお客様でご応募頂いた方 1,000 名様(抽選)に freee の標準プラン(有料プラン)1 年分をプレゼントするキャンペーンを開始します。
詳細は特設サイトを御覧ください。

今後、リクルートライフスタイルと freee は、プロダクト連携の枠を超え、お互いの強みや事業領域を活かし、営業面やサポート面でも個人事業主・中小企業を全面的にバックアップしてまいります。これにより、日本のスモールビジネスのワークスタイルに変革をもたらし、より本業にフォーカスできる環境を実現していきます。

※ freee 無料版ではデータの保持期限が 3 ヶ月間となります

Air01ipad_airregixfreee

Airレジについて

「Airレジ」は、小売業、飲食業、各種サービス業に必須のレジ業務がスマートフォンやタブレットで行える無料のPOSレジアプリです。2013年11月19日にサービス提供を開始し、4カ月で、Airレジ利用に必要なアカウント数が、3.5万を突破しました。従来型のレジシステムは高機能化・高額化が進んでおり、導入費用がかさむ傾向にあります。そこで、お店のコスト軽減、業務負荷の軽減を実現する本サービスを無料で提供します。グルメ・クーポン情報サイト「ホットペッパーグルメ」やリクルートポイントのポイントアプリ「Airウォレット」など、リクルートライフスタイルが運営するサービスとも連携し、お店の集客面でのサポートも開始しています(※)。今後も随時便利な機能を拡充していく予定です。

(※)ホットペッパーグルメの場合
①2014年3月末までに飲食店2万店舗に「iPad Air」を導入し、お店のインフラ環境から支援 ②「ホットペッパーグルメ」はネット予約で年間1,000万超え送客の実績(※2013年1月~12月)を誇り、集客を支援 ③飲食店向け機能開発と支援体制を拡充。100名超の開発要員と200名の専任導入支援スタッフを全国に配置

Airレジの機能

  • カスタマイズ:商品、割引メニュー、決済方法、レシート、テーブル情報は簡単にカスタマイズ
  • 席の管理(設定した場合):お客様の人数、空いている座席、席ごとのタイマーを簡単に管理
  • 注文入力:店舗内の複数のiPad、iPhoneなどから入力が可能。操作は端末の画面をタッチするだけ
  • 会計:お客様から受取った金額を入力してさっとスライド。割引メニューや支払方法なども自由に設定
  • 売上管理:レジで受けた情報はリアルタイムにクラウドサーバに連携され、売上額などお店の状況をPC・スマホからリアルタイムに確認。日次・月次での集計も可能
  • 周辺機器接続:レシートプリンタ、キャッシュドロワーを接続でき、Airレジサイトから購入可能

freee(フリー)について

全自動のクラウド会計ソフト「freee」は、簿記の知識がなくても簡単に使える、個人事業主や中小企業のためのクラウド会計ソフトで、銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化する新しいタイプの会計ソフトです。freee を利用することで、日々の経理作業が、従来のデータ入力を伴う方法のおよそ 50 倍の速さで行えます。まずは無料で始めれられ、有料版も個人事業主が月額 980 円、月額 1,980 円と気軽にご利用いただけます。
freee は、元 Google 社員らによって開発され、2013 年 3 月 19 日にリリース。2013 年 5月には、IT関連企業経営者の祭典、Infinity Ventures Summit 2013 Spring におけるデモ大会( Launch Pad )で優勝するなど高い評価を得ております。サービス開始から1年で既に 60,000 を超える事業所にご利用いただき、現在も急ペースで利用社数を増やしています。

freee(フリー)の機能

  • 自動で経理:銀行やクレジットカードを登録するだけで、明細を自動で取り込み、記帳を自動化
  • 決算書・申告書の作成:高度な経理・簿記の知識がなくても、画面に従って操作すれば、カンタンに確定申告や法人決算に必要な決算書・申告書を作成可能
  • サポート体制:メールサポートやチャットサポートなどの充実したサポート
  • クラウド:インストール不要でいつでもどこでも、端末を選ばず利用でき、社内外との共有も容易
  • セキュリティ:複数の暗号化手法を用い、国際的な認証「 TRUSTe 」も取得済み
  • モバイルアプリ対応:iPhone アプリからの利用も可能

【報道関係者問い合わせ先】
株式会社リクルートライフスタイル: 広報 03-6835-6590 press_rls@r.recruit.co.jp
freee 株式会社: 広報 pr@freee.co.jp


ご参考

今回β版の試験導入にご協力いただいた2店舗から以下のコメントをいただいています。

【鎌倉アロマ株式会社 代表取締役 深野竜矢様】

今までの常識で考えれば売上一つ一つを手入力しなければならない、その作業自体がかなり億劫なものでした。しかし Air レジと freee を同期させ、1 つのボタンを押すだけで売上データが自動で反映されるというのは、作業的にも、気持ちの面でもすごくラクです。また、私自身がスタジオにいなくても、Air レジを見れば売上のデータが、freee を見れば会計データが確認できるようになり、とても助かっています。

紹介動画はこちら

【ひといき荘アウトドアサービス 代表 藤井憲一郎様】

今までは、レジでの売上を集計し会計ソフトに入力するという作業に少なくとも 1 日 30 分〜 1 時間はかかっていました。 Air レジと freee を同期するようになってからは、Air レジ側で同期する「締めの時間」を決めておくだけであとは自動的に freee に売上データを取り込めるようになりましたので、売上集計・入力に関しては何もすることがなくなり、大変助かっています。

紹介動画はこちら


利用手順について

【STEP1】「Airレジ」のアカウント作成
Airレジサイトでメールアドレスを入力してアカウント作成をします。

【STEP2】「Airレジ」のアプリをダウンロード
App StoreもしくはGoogle playからアプリを無料でダウンロードして、作成したアカウントとパスワードを入力して「Airレジ」アプリにログインします。

【STEP3】 レジの利用設定
商品情報と座席の設定をすれば、設定は完了です。また、周辺機器はレシートプリンタとキャッシャーの接続が可能です。詳細は周辺機器をご確認ください。

【STEP4】「freee」のアカウント作成
freee のウェブサイトでメールアドレスを入力してアカウント作成をします。「法人」または「個人事業主」のどちらかをお選びください。

【STEP5】Air レジアカウントと freee アカウントの連携
Air レジのメニューの「他システム連携」から「連携設定」をお選びいただき、freee の「連携する」ボタンから連携ができます。その後「他システム連携」_「freee」_「基本設定」から必要な情報を入力ください。

※既にAirレジをご利用の方は、STEP1~3は不要です。既にfreeeをご利用の方は、STEP4は不要です。

ページトップへ