プレスリリース 2016-11-17

freeeの連携金融機関・クレジットカード等が3,630件を突破。日本一の連携数で、より多くの事業所に経理自動化によるバックオフィス最適化を提供

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )は、運営するクラウド会計ソフトシェアNo.1(注1)の「クラウド会計ソフト freee」において、データ連携可能な金融機関・クレジットカード等のサービス(注2)が3,630件を突破し、クラウド型会計ソフトにおける同期連携サービス数で日本一となったことをお知らせいたします(注3)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-11-19-54

クラウド会計ソフトは、金融機関のインターネットバンキングサービスやクレジットカードの明細照会サービスから明細を自動取得することで、記帳作業の大幅な効率化を実現するのが特徴のひとつです。そのため事業所がクラウド会計ソフト利用のメリットを最大化するには、そのソフトが自身が利用するサービスからの自動明細取得に対応しているかどうかが重要なポイントとなります。「クラウド会計ソフト freee」はより多くのユーザーがバックオフィス業務にかける時間を削減し、本業にフォーカスできる環境を作るべく開発を進め、この度3,630件のサービスとの連携を実現しました。これはクラウド会計ソフトの連携数としては日本一となります。

freeeは、今後も金融機関をはじめとするサービスとの連携を進め、ユーザーにとってより便利で効率的なソリューションの提供を実現してまいります。

(注1)2016年8月 株式会社デジタルインファクト調べ
(注2)銀行口座、クレジットカード、決済サービスや電子マネーの合計件数。連携サービス一覧はこちらのリンクからご覧ください。
(注3)2016年11月 当社調べ

■ freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  62 億 5619万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>

「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」 https://www.freee.co.jp/payroll
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」          https://www.freee.co.jp/kaigyou
「経営ハッカー」          https://keiei.freee.co.jp/ 
「起業ハッカー」          https://kigyo.freee.co.jp

ページトップへ