プレスリリース 2014-08-08

「全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)」が Google Apps for Business との連携を開始。Google Apps for Business アカウントを利用する企業はクリックだけでクラウド会計ソフト freee への登録・ユーザー招待・ログインが可能に。

2014 年 8 月 8 日より、「クラウド会計ソフト freee」は Google Apps for Businee との連携を開始しました。今回の連携により、Google Apps for Business のアカウントをお持ちの方は、1クリックでクラウド会計ソフト freee への登録・ログインが可能になり、また、組織のユーザーの招待も一度で完了します。

 

スクリーンショット 2014-08-07 10.34.08

 

【連携内容の詳細】
■ Google Apps for Business のアカウントを用いたアカウント登録
Google Apps for Businessのアカウントを用いて、クラウド会計ソフト freee へ登録いただきますと、メールアドレスの入力やパスワード設定の手間なく登録が完了します。(※)

■ Google Apps for Business を用いた従業員招待
Google Apps for Business の組織に紐づくアカウントに対して一斉に、クラウド会計ソフト freee のユーザー招待の設定を行っていただくことが可能です。(※)

■ Google Apps for Business を用いたログイン
Google Apps for Business を用いたログインでは、メールアドレス・パスワード入力の手間なく、1クリックで クラウド会計ソフト freee へログインいただけます。

 

【社内での分業により経理業務にかける時間を更に削減】
クラウド会計ソフト freee では、複数人がいつでもどこでも経理業務をすることが可能です。経営者や経理担当者が一人で経理業務をするだけでなく、従業員が直接取引の入力をしたり、取引に関する情報を「コメント機能」を使ってやりとりするなど、社内のコラボレーションを通じて、より経理業務にかける時間が削減できます。

 

freee では今後もあらゆるスモールビジネスのバックオフィス業務の自動化を通じて、「スモールビジネスに携わるみんながより創造的な活動にフォーカスできること」の実現を目指します。

(※)連携の際に、Google Apps for Business 側のデータへのアクセスを許可いただく必要があります。詳しい設定の方法はこちら


「全自動のクラウド会計ソフト freee (フリー)」について

freee (フリー) は、元Google 社員らによって開発され、2013 年 3 月にリリース。2013 年 5月には、IT関連企業経営者の祭典、Infinity Ventures Summit 2013 Spring におけるデモ大会(Launch Pad) で優勝するなど高い評価を得ております。
サービス開始から 1 年 4 ヶ月で既に 100,000 を超える事業所にご利用いただき、現在も急ペースで利用社数を増やしています。

会社概要

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  490,000,000円
所在地  東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル7F

メディア

「全自動のクラウド会計ソフト freee (フリー)」
「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」
「請求書ソフト freee(フリー)」
freee 認定アドバイザー
freee 公式ブログ
経営ハッカー
代表 佐々木大輔ブログ
世界一ラクにできる銀行比較

本件に関するお問い合わせ

広報担当 前村
E-mail:pr@freee.co.jp
TEL:080-8492-3804

プレスキット

ページトップへ