プレスリリース 2014-06-16

全自動のクラウド会計ソフト freee と請求書管理サービス Misoca(みそか)が連携 〜スモールビジネスの効率化を加速〜

misoca_freee

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔)とスタンドファーム株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役:豊吉隆一郎 以下スタンドファーム)は、「全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)」と「クラウド請求書管理サービスMisoca(みそか)」において2014年6月16日からデータの連携を開始しましたのでお知らせいたします。

クラウド会計ソフト freee は、クレジットカード決済情報や銀行口座情報と連携し、自動で会計書類を作成することができるクラウド型の会計ソフトです。無料で(*)利用開始できる点が全国の中小企業・個人事業主の方のニーズに合致し、現在 70,000 を超える事業所に利用されているサービスです。

「Misoca」は無料で見積・納品・請求書が発行でき、メール配信や郵送まで自動で行えるクラウドサービスです。請求業務が効率化出来るということで個人事業主や中小企業を中心にこれまで 13,000 以上の事業者様にご登録いただいています。

misoca

今回の連携により「Misoca」で作成した請求データを「クラウド会計ソフト freee」にボタンひとつで登録できるようになりました。
請求書の個別作成や、CSV一括作成、自動郵送、オンライン決済といった請求業務を「Misoca」で行っている方が、 freee と連携させてご利用いただくことによって、個々の請求内容を会計データとして入力する手間が省けるため、大幅な効率化を図ることができます。

(*) 利用料金が無料のプランは、データの保存期間が3ヶ月です。

■取り組みに関する詳細
開始日:2014 年 6 月 16 日
対象:Misoca、freee に登録しているユーザー様(いずれのサービスも登録は無料)
設定方法URL: http://www.misoca.jp/help/post-invoice-to-freee


■全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)について
全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)は、簿記の知識がなくても簡単に使える、個人事業主や中小企業のためのクラウド会計ソフトで、銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化する新しいタイプの会計ソフトです。クラウド会計ソフト freee を利用することで、日々の経理作業が、従来のデータ入力を伴う方法のおよそ50倍の速さで行えます。まずは無料で始められ、有料版も個人事業主が月額 980 円、月額 1,980 円と気軽にご利用いただけます。

クラウド会計ソフト freee は、元 Google 社員等によって開発され、2013 年 3 月 19 日にリリース。2013 年 5 月には、IT 関連企業経営者の祭典、Infinity Ventures Summit 2013 Spring におけるデモ大会(Launch Pad)で優勝するなど高い評価を得ております。サービス開始から 1 年で既に 70,000 を超える事業所にご利用いただき、現在も急ペースで利用社数を増やしています。
URL:http://www.freee.co.jp/

■請求書管理サービス「Misoca」について
当社は「情報技術を駆使し物事を飛躍的に効率化する」をミッションにクラウドの見積・納品・請求サービス「Misoca(みそか)」を 2011 年 11 月より運営しております。開始より1通からオンラインで郵送できるという点がフリーランスや中小企業を中心に好評を得、2014 年 5 月の時点で 13,000 以上の事業者が登録しております。

13,000 以上の事業者(2014 年 5 月)が登録しているクラウド請求書管理サービス。
オンライン上の操作だけで、Misocaが紙の請求書を印刷・郵送する郵送代行機能を提供しており、 既存の郵送作業にかかる時間的コストを削減します。
URL:http://www.misoca.jp/

■スタンドファーム株式会社
本社住所:愛知県名古屋市東区泉1-11-6 ミソカビル2F
設立:2011 年 6 月 2 日
資本金:18,035,015 円
代表者:代表取締役 豊吉 隆一郎
URL:http://standfirm.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
freee 株式会社/広報 前村 菜緒(pr@freee.co.jp 080-8492-3804)
スタンドファーム株式会社/担当 豊吉 隆一郎 (info@standfirm.jp 052-265-6417)

 

ページトップへ