プレスリリース 2013-11-15

全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」、パッケージ版を本日よりAmazonにて販売開始。

freee 株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:佐々木大輔、以下「freee」)は、パッケージ版クラウド会計ソフト「freee」を、Amazonにて、2013年11月15日に発売いたします。

freee は、「経営者が創造的な活動にフォーカスできること」を目指して、2013年3月にサービスを開始しました。簿記の知識がなくても簡単につかえる個人事業主や中小企業のためのクラウドの会計ソフトで、銀行やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化する新しいタイプの会計ソフトです。

今回の「パッケージ版」には、freee スタートガイドが同梱されており、freee の設定や取引の入力、決算書の出力など、freee を使った会計業務に関する一連の流れを簡単にまとめています。

また、今回のパッケージ版を購入いただくことにより、決済用のクレジットカードを持っていないお客様でも freee の標準プランをご利用いただけるようになりました。

今後も全自動のクラウド会計ソフト「freee」は、「経営者が創造的な活動にフォーカスできる」ことの実現を目指します。

パッケージ版 freee の詳細

個人事業主版
個人事業主版パッケージ
販売価格:10,500円
ご利用期間:最大15ヶ月(本製品の利用期間12ヶ月分+新規登録時に適用される無料期間3ヶ月分)
内容:freee を使うためのプロダクトキー、スタートガイド
購入する

法人版
法人版パッケージ
販売価格:21,000円
ご利用期間:最大15ヶ月(本製品の利用期間12ヶ月分+新規登録時に適用される無料期間3ヶ月分)
内容:freee を使うためのプロダクトキー、スタートガイド
購入する

全自動のクラウド会計ソフト「 freee (フリー)」について

freee (フリー) は、元Google 社員らによって開発され、2013 年 3 月にリリース。順調に利用事業所数を増やし、2013 年 5月には、IT関連企業経営者の祭典、Infinity Ventures Summit 2013 Spring におけるデモ大会(Launch Pad) で優勝するなど高い評価を得ており、サービス開始から7ヶ月で既に16,000を超える事業所にご利用いただき、現在も急ペースで利用社数を増やしています。

会社概要

      会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
      代表者  代表取締役 佐々木大輔
      設立   2012 年 7 月 9 日
      資本金  167,818,044円
      所在地  東京都港区三田1-2-17 MSビル4F

メディア

問い合わせ

広報担当E-mail:pr@freee.co.jp
プレスキット

ページトップへ