プレスリリース 2016-08-10

freee とりそなグループが連携施策第一弾を開始 「創業応援パック」に協賛し、開業率向上や創業法人の業務効率化に貢献

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )は、りそなグループの株式会社りそな銀行(本社:大阪府大阪市、社長:東和浩)と株式会社近畿大阪銀行(本社:大阪府大阪市、社長:中前公志)が新たに提供を開始する「創業応援パック」に参画することをお知らせします。「創業応援パック」は、創業間もない法人の方々が本業にフォーカスできるよう、freee とりそなグループ各社が業務効率化を可能とする様々な特典を提供するサービスです。この度、freee はりそなグループとの連携施策第一弾として、「創業応援パック」の対象者に対し、「クラウド会計ソフト freee」の優遇提供を進め、開業率の向上、経済活性化に貢献してまいります。

 

■ 地域の経済活性化に貢献する freee とりそなグループの連携施策

freee は、りそなグループと2015年12月より連携を開始し、地域の経済活性化や事業者支援につながる金融サービスの開発を共同で進めてまいりました。この度、具体的な施策の第一弾として、りそなグループのりそな銀行と近畿大阪銀行が新たに提供を開始する「創業応援パック」に参画し、「クラウド会計ソフト freee」を活用した業務効率化の価値を提供してまいります。

これまで、創業には、様々な書類の手続き、財務・会計を含む経営知識の習得、創業費用など、本業以外のところで多くの負担がかかり、業務効率化が望まれる領域でした。freee は、このような負担を軽減することで、創業法人がより本業にフォーカスできる環境の提供を目指し、りそなグループと共同の取り組みを進めてまいります。この「創業応援パック」への協賛を皮切りに、今後も、freee とりそなグループそれぞれの強みを生かした金融サービスの開発を進め、地域の生産性向上、経済活性化を目指してまいります。

 

■ 創業時の負担軽減と業務効率化に貢献する「創業応援パック」

「創業応援パック」は、創業間もない法人の方々が本業にフォーカスできるよう、freee とりそなグループ各社が創業時の負担を軽減する様々な特典を提供するサービスです。

「創業応援パック」をご利用いただくことで、創業間もない法人の方にとって負担となりがちな、インターネットバンキングの利用料やクレジットカードの申請手続きなどが削減できるようになります。さらに、「クラウド会計ソフト freee」とクレジットカード・インターネットバンキングを合わせてご利用いただくことで、創業時にかかる経費の処理を自動化し、大きく業務効率化が可能となります。

なお、各社が提供する具体的な特典は以下の通りです。
サービスページ : http://www.resonabank.co.jp/hojin/service/kakushu/sougyououen/index.html

<りそな銀行・近畿大阪銀行>
法人向けインターネットバンキングの利用料を12ヶ月間無料

<りそなカード>
法人向けクレジットカードの優遇発行

<りそな総合研究所>
人材育成サービス、相談・経営情報サービスなどの特典が受けられる会員サービスの初年度年会費無料

<freee>
「クラウド会計ソフト freee」の2ヶ月無償提供

 

■ freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  62 億 5619万円(資本準備金含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>

「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」 https://www.freee.co.jp/payroll
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「経営ハッカー」          https://keiei.freee.co.jp/ 
「起業ハッカー」          https://kigyo.freee.co.jp

ページトップへ