サービス情報 2022-01-28

紙証憑の自動記帳サービス「STREAMED」freeeアプリストアに掲載開始 仕訳とfreee会計への取り込みを自動化


■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・紙証憑の自動記帳サービス「STREAMED」のfreeeアプリストアへの掲載を開始しました
・「STREAMED」からレシートや通帳などの証憑画像をスキャンして1営業日以内に仕訳されたデータをfreee会計に自動で取り込むことが可能です


 「STREAMED」をfreeeアプリストアに掲載開始

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は株式会社クラビス(本社:東京都渋谷区、CEO:菅藤 達也)が提供する紙証憑の自動記帳サービス「STREAMED」とfreee会計のAPI連携開始とfreeeアプリストアへの掲載を開始したことをお知らせします。
「STREAMED」からレシートや通帳などの証憑画像をスキャンして仕訳されたデータをfreee会計に自動で取り込むことが可能になります。

■自動記帳した仕訳データをfreee会計に自動取り込みで効率化

STREAMEDは、レシートや通帳などの証憑画像をスキャンするだけで、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。
税率ごとに分けてデータ化するため、軽減税率を含むレシートも自動仕訳が可能です。
「STREAMED」とfreee会計の連携には従来CSVのダウンロード・インポートが必要でしたが、API連携が実装されたことにより「STREAMED」で仕訳したデータを、取引・振替伝票の形式でfreee会計へ直接取り込むことが可能になります。

■「freee会計」と「STREAMED」のAPI連携の方法

freeeアプリストアより「STREAMED」を連携いただけます。
freeeアプリストア:https://app.secure.freee.co.jp/
「STREAMED」連携アプリ詳細ページ:https://app.secure.freee.co.jp/applications/15059



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 野澤真季
E-mail: pr@freee.co.jp