私たちのミッション

小さなビジネスであっても運営に必要な「難しいこと・面倒なこと・大変なこと」は多く、
起業や独立をしても経理・財務や給与計算に追われ、本当にやりたいことに集中できない現実があります。

freeeのミッションは「誰もが創造的な活動ができる社会」
「スモールビジネスが強く、かっこよく活躍する社会」を実現すること。
既存の考え方にとらわれないテクノロジーとサービス開発を追求し、
スモールビジネスにとって不可欠なビジネスプラットフォームとして、世に大きな変化をもたらし続けます。

会社概要

会社名
freee 株式会社
住所
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
資本金
96億603万円(資本準備金等含む)
設立
2012年7月
従業員数
250名

夜19時以降ならびに土曜日にお越しの方は
通用門よりお入りください。

組織として目指すこと

ムーブメントで世界を変える

先例をつくり、未来をつくる
事業を進めていくに際し、freeeは常に新しい挑戦を続け、前例や慣行にとらわれず、組織戦略やオペーレーション、財務や人事など事業運営のさまざまな分野において先駆けとなり、未来をつくる存在となります。
世界レベルのクオリティー
freeeはユーザーに最高のクオリティのサービスを提供し続けるべく、常に自分たちの提供するサービスの価値を世界レベルでベンチマークします。グローバルな投資家から出資を受けるなど広い視野のもと切磋琢磨し、技術とサービスの質を磨いていきます。
成長を信じること
freee の成長はメンバーの成長によって実現されます。無限の可能性を持つひとりひとりのメンバーが常に新しい自分と出会い成長できるよう、組織としてのサポートに力を入れています。

役員紹介

佐々木 大輔

佐々木 大輔

創業者・代表取締役

東京、下町育ち。一橋大学商学部卒。データサイエンス専攻。一橋大学派遣留学生として、ストックホルム経済大学(スウェーデン)に在籍。大学在学時よりインターネットリサーチ会社のインタースコープ(経営統合を経て、現在はマクロミル)にてインターン/契約社員としてリサーチ集計システムや新しいマーケティングリサーチ手法を開発。卒業後は博報堂にて、マーケティングプランナーとしてクライアントへのマーケティング戦略の立案に従事する。

その後未公開株式投資ファーム CLSA キャピタルパートナーズでの投資アナリストを経て、株式会社ALBERTの執行役員に就任。企業財務や資金調達を管理すると同時に、主力商品となるレコメンデーションエンジン、「おまかせ!ログレコメンダー」の開発を手がける。

2008年に Google に参画。日本におけるマーケティング戦略立案、Google マップのパートナーシップ開発や、日本およびアジア・パシフィック地域における中小企業向けのマーケティングの統括を担当。中小企業セグメントにおけるアジアでのGoogleのビジネスおよび組織の拡大を推進した。この後、freee 株式会社を創業。

好きなことは、ランニングと娘と食とビールと海で浮かぶこと。形式的で非効率なことは大嫌い。

日経ビジネス 2013年日本のイノベーター30人 / 2014年日本の主役100人/2015 Forbes JAPAN 日本の起業家BEST10に選出。

  • 東後 澄人

    東後 澄人

    COO

    子午線の街、兵庫県明石市育ち。東京大学工学部卒。同大学院では、宇宙航空研究開発機構において次世代ロケット推進薬の研究を行う。2005年にMcKinsey&Company に入社し、IT・製造業界を中心とした多数のプロジェクトを担当。2010年から、Google にて中小企業向けマーケティング、及びGoogleマップのビジネス開発に従事。2013年7月、freee 株式会社にCOOとして参画。好きなことは、ゲーム、テニス、ドライブ、卓球、ドラクエⅢ

  • 横路 隆

    横路 隆

    CTO /共同創業者

    Ruby City 松江育ち。慶應義塾大学院理工学研究科修了、専攻はコンピュータサイエンス。学生時代よりe-learningや動産担保融資支援など、ビジネス向けのシステム開発に携わる。
    2010年、大学院修了後はソニーにてデジタルカメラの製品開発に従事した後、2012年、freee株式会社を共同創業。スモールビジネスAIラボ所長。テクノロジーでスモールビジネスのありかたを再定義していきます。

  • 野澤 俊通

    野澤 俊通

    セールス部門統括 兼 採用部門統括部長

    東京足立区育ち。大学を卒業後、リクルートの旅行雑誌広告営業を経てダブルクリック(現Google)でインターネット広告の世界に飛び込む。2003年Google Japan に17番目の社員として入社。中小企業向けの営業組織を立ち上げた後、新規顧客開発本部統括本部長として新規広告主獲得をミッションとする組織を立ち上げ16四半期連続で事業目標達成に導く。2014 年 6月より freee に参画。正論でどこまで突き進めるかが人生のテーマ。趣味は娘と息子と自転車。

  • 平栗 遵宜

    平栗 遵宜

    開発本部長

    10年間の流浪の末、2012年にfreee入社。ソフトウェアエンジニアとして会計freee・給与計算freeeをリリースし、現在は開発本部長としてプロダクト開発全般を担当。
    ユーザーに価値を届けるために必要なのは技術力と気合。好きなことは不動産と風呂と娘。いいっすね、ええんちゃう、が口癖。東京大学法学部、千葉大学専門法務研究科卒。法務博士。

  • 木村 康宏

    木村 康宏

    社会インフラ企画部長

    東京大学法学部を卒業、㈱野村総合研究所にて主に情報通信業界の企業向けのコンサルティングや経産省・総務省などの官庁の政策調査に従事。
    中小企業に向けたマーケティング支援のプロジェクトや、中小企業のIT化の促進をテーマとした研究発表を通じて、スモールビジネスのテクノロジー活用に問題意識を持ち、freee 株式会社に参画。
    現在は、金融インフラを始めとする社会のテクノロジー活用基盤形成に取り組む。

  • 坂本 登史文

    坂本 登史文

    プロダクトマネージャー

    2010年京都大学理学研究科修了。大手メーカー系IT企業でSAPコンサルタントとして会計システムの開発に従事。その後、データサイエンティストとしてDeNAで活躍。2014年3月freee株式会社に参画、データ分析チーム・グロースチームの立ち上げ、会社設立freeeのプロデュースなどを経て、現在はプロダクト戦略の責任者を務める。とともに、freeeの人工知能エンジンの発明者・freeeV系カラオケ同好会部長でもある。

  • 米川 健一

    米川 健一

    ソフトウェアエンジニア

    サイボウズに新卒で入社し、スマートフォンアプリの開発に従事。
    その後、グリー、クックパッドを経てソーシャルメディアやコンシューマサービスの開発を経験し、もう一度ビジネス向けソフトウェアの世界へ戻ろうとfreeeへ入社。
    freeeのモバイルアプリや会社設立freeeの開発に携わり、現在も最前線でコードを書きながら、新卒エンジニアの採用・育成を担当。
    世の中のワークスタイルをモバイルから変えることを目指しています。

  • 尾形 将行

    尾形 将行

    法人事業統括

    総務省、内閣官房、外務省を経て、アクセンチュア戦略コンサルティンググループにてマネージャとして通信、ハイテク業界向けに海外市場参入、新規事業企画、パートナー戦略企画、実行等のコンサルティングに従事、freeeに入社し、現在は事業開発本部の責任者。スタンフォード大学ロースクール修士、香港科学技術大学MBA取得。1男1女の父であり、週末はフルタイムの少年野球コーチも務める。趣味はノックとトスバッティング。

  • 若原 祥正

    若原 祥正

    ソフトウェアエンジニア

    システム開発会社に入社し、BtoB向けグループウェアの開発に約5年間携わる。
    その後ゲームアプリ会社を経て、2013年6月にfreee入社。
    freeeではモバイルチーム(iOS, Android)の立ち上げやパートナー向け機能の開発、社内botの育成を経て、現在は会計freeeの開発チームのマネージャとしてクラウドERPの実現、プラットフォーム化を目指してチーム開発を推進。一応書いておくとコードも書いてます。

  • 武地 健太

    武地 健太

    CFO /事業開発部長

    古都長岡京の出身。両親ともに税理士の会計一家に育つ。京都大学卒業後、あずさ監査法人大阪事務所で会計監査や上場支援に携わる。27歳で東京進出し、ボストン・コンサルティング・グループ入社。マネージャーとして、製造業・IT業を中心に、新規事業開発・中期経営計画策定・M&A支援等のコンサルティングに従事する傍ら、新人育成に情熱を傾ける。2016年にfreeeに参画。”経済活動のログ”として会計の可能性をトコトン追求していきたい。