プレスリリース 2022-05-09

税理士向けサービスのMikatus株式会社、freeeグループジョインのお知らせ 会計事務所に対するクラウド税務サービス開発を強化

 freee株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、2022年5月9日付の取締役会において、Mikatus株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中啓介、以下「Mikatus」)を現金対価での簡易株式交換(以下「本株式交換」、効力発生予定日:2022年6月30日)により完全子会社とする旨の合意書の締結を決議し、両社間で合意書を締結いたしました。
 これまでfreeeが提供してきた統合型クラウドERPサービスに、Mikatusが提供する会計事務所のためのクラウド税務・会計・給与サービスおよびノウハウが加わることで、会計事務所とその顧問先であるスモールビジネスのクラウド化を推進して、利便性向上を目指します。

目的

 freeeは、「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、「だれもが自由に経営できる統合型経営プラットフォーム。」の実現を目指して統合型クラウドERPを中核としたサービスの開発及び提供をしています。
 Mikatusは「税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として」というミッションのもと、税理士のためのクラウド税務・会計・給与システムA-SaaS(エーサース)を会計事務所及びその顧問先に対して提供しています。会計・給与・税務が一気通貫になったクラウドサービスとして2010年の提供開始から信頼とプレゼンスを積み重ねて全国1,000以上の会計事務所で利用されています。
 今回のグループジョインにより、freeeのサービスに加え新たにA-SaaSも提供できることで、より多くのスモールビジネスを支えるクラウドサービスとなります。また、MikatusがA-SaaSで培ってきたクラウドサービスにおけるノウハウを迎え入れることで、全会計事務所及びその顧問先で使えるクラウドサービスを提供できる体制を整えるとともに、A-SaaSの既存ユーザーの方にもfreeeのサービスに接していただく機会を提供し、会計事務所を通じたスモールビジネスへの価値提供を加速させます。


本株式交換の日程

 

なお、本株式交換に係る合意書に関連する書類の一部につき、freee子会社である株式会社サイトビジットが提供する電子契約サービス「freeeサイン」を用いて締結をしております。
その他、詳細は下記URLから適時開示をご覧ください。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120220509535295.pdf


会計事務所の皆さまとfreeeの関わり

freeeは、初めてサービスをリリースした直後の2013年11月に「freee認定アドバイザー制度」を立ち上げ、賛同していただいた税理士・会計士の皆さまと一緒にスモールビジネスの成長をサポートしています。2018年7月には認定アドバイザーの皆さまが主催するfreeeファン会計人のコミュニティ「freee "マジカチ" meetup!」も開設されました。税理士・会計士の皆さまは、最前線でサービスの価値をスモールビジネスに届ける、freeeにとっては必要不可欠なパートナーです。今回のグループジョインを契機に、長年freeeと共にスモールビジネスを支えてきた会計事務所の皆さまへ、より最適な価値を届け、スモールビジネスを世の中の主役にしていく為に更に邁進してまいります。



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 土島あずさ
E-mail: pr@freee.co.jp