プレスリリース 2022-05-30

千葉銀行へfreee入出金管理の提供を開始 ちばぎんビジネスポータル利用者向けに資金繰りの見える化を実現


■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・入出金管理サービス「freee入出金管理」を千葉銀行向けに提供開始しました
・​​千葉銀行が提供する「ちばぎんビジネスポータル」を通じて、他行を含めた複数の事業用口座の残高や入出金明細を一元管理することができます。
・いつでもどこでも簡単に入出金や残高確認、資金繰りの見える化を実現します。


 

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)と株式会社千葉銀行(本社:千葉県千葉市、取締役頭取:米本努、以下「千葉銀行」)は、事業者向けデジタルチャネル「ちばぎんビジネスポータル」をご利用の法人・個人事業主のお客さまに向けて入出金明細管理サービス「freee入出金管理」の提供を開始しました。
他行を含めた複数の事業用口座の残高や入出金明細を一元管理することができるサービスで、いつでもどこでも簡単に入出金や残高確認、資金繰りの見える化を実現します。

■「ちばぎんビジネスポータル」への「freee入出金管理」提供の目的

千葉銀行は金融機能の深化と地域金融の新たなモデル構築による「カスタマー・エクスペリエンス」の向上をビジョンに掲げ、デジタル技術や情報資源の活用や新事業への取組など、将来を見据えた新たなサービス・事業領域の開拓を目指しています。
freeeは「freee入出金管理」の提供により、地域の事業者向けに資金繰りの見える化を実現し、さらなる「ちばぎんビジネスポータル」の利用の促進とビジネスの成長に貢献いたします。

■「freee入出金管理」の概要

「ちばぎんビジネスポータル」を通じて提供する「freee入出金管理」は、他行を含めた複数の事業用口座の残高や入出金明細を一元管理できるサービスです。
従来はお客さまが複数の金融機関を利用している場合、各金融機関のインターネットバンキングへ都度ログインをして、入出金情報や残高確認を行う必要がありました。金融機関ごとに異なるログイン方式や利用端末やOS・ブラウザの制約などインターネットバンキングにログインする際の作業負担が課題となっていました。また、各金融機関に入出金明細や残高の情報がまたがっており、一覧性が確保されないということも課題となっていました。
本サービスにログインするだけで、他行を含めた複数口座の明細や残高を、場所を問わずスマートフォンやパソコンから簡単に確認することができます。

<推奨環境>
OS:最新版のGoogle Chrome(Android版を含む)
   Safari 9以上(iOS版を含む)
対応端末:スマートフォン(iOS/Android)/パソコン(Mac/windows)

■千葉銀行とfreeeのこれまでの取り組み

ICTコンサルティングサービスの提供

千葉銀行とfreeeは2021年4月より連携を開始し、経理を中心としたバックオフィス業務の効率化に課題をお持ちのお客様に対してfreee会計のご案内と導入のサポートを実施しています。


API連携の実施

2020年2月以降、参照系のAPIを活用して千葉銀行の法人口座・個人口座の利用明細をfreee会計へ取り込みを開始しています。

■株式会社千葉銀行 会社概要

会社名:株式会社千葉銀行
代表者:取締役頭取 米本努
設立日:1943年3月
本店所在地:千葉県千葉市中央区千葉港1-2
URL:https://www.chibabank.co.jp/

■freee株式会社 会社概要

会社名:freee株式会社
代表者:CEO 佐々木大輔
設立日:2012年7月9日
所在地:東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル9F
URL:https://corp.freee.co.jp/



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 野澤真季
E-mail: pr@freee.co.jp