サービス情報2023-08-31

freee人事労務とLINE WORKSを連携する「チャットで勤怠(freee人事労務)」提供開始 勤怠打刻漏れの防止で従業員間のコミュニケーションコストを削減


■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・「LINE WORKS」と「freee人事労務」を連携するアプリケーション「チャットで勤怠(freee人事労務)」の提供を開始しました
・今回の連携により、出退勤打刻と各種通知をLINE WORKS上で通知可能です
・LINE WORKS上のチャット画面から勤怠打刻と打刻漏れなどの通知・打刻不備の修正ができるようになることで、労務担当者と従業員間のコミュニケーションコストを削減し労務担当者の業務効率化を実現します


freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)はワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表者:増田 隆一、以下「ワークスモバイルジャパン」)が提供する「LINE WORKS」と「freee人事労務」を連携するアプリケーション「チャットで勤怠(freee人事労務)」の提供を開始したことをお知らせします。

■勤怠打刻不備を90%改善し、従業員間のコミュニケーションコストを削減

freeeでは7月提供開始の「LINE WORKS」と「freee勤怠管理Plus」を連携するアプリケーション「チャットで勤怠(freee勤怠管理)」の提供に続き、freee人事労務と「LINE WORKS」を連携するアプリケーション「チャットで勤怠(freee人事労務)」の提供を開始しました。
今回の連携により、出退勤打刻と各種通知がLINE WORKS上で可能となります。
ノンデスクワーカーの方の利用者数も多い「LINE WORKS」と「freee人事労務」を連携するアプリケーションにより、チャット画面から勤怠打刻と打刻漏れなどの通知・打刻不備の修正ができるようになることで労務担当者と従業員間のコミュニケーションコストを削減し労務担当者の業務効率化を実現します。
また、freeeでは実際にLINE WORKSユーザー企業にテスト検証にご協力いただき、1ヶ月間の検証結果によりテスト企業における打刻漏れが9割減少と労務担当者の業務の効率化に貢献できることがわかりました。

■「チャットで勤怠(freee人事労務)」機能概要
<打刻機能>
出退勤打刻:リッチメニューをタップするだけで出退勤打刻が可能
<通知機能>
勤怠漏れ通知:所定労働日に打刻漏れがある場合に通知
勤怠入力誤り通知:所定労働時間、休憩時間に誤りがある場合に通知
36協定違反通知:月の残業時間見込みが45時間、100時間を超えそうな場合に通知
残業時間超過通知:月の残業時間見込みが指定した残業時間を超えそうな場合に通知

今後提供を予定している機能 ※いずれも2023年9月以降提供予定
<申請機能>
勤務時間修正申請:LINE WORKS内から勤務時間修正申請が可能
有給休暇申請:LINE WORKS内から有給休暇申請が可能
残業申請:LINE WORKS内から残業申請が可能
勤怠締め申請:LINE WORKS内から勤怠締め申請が可能
<給与関連機能>
給与明細:freee人事労務で給与確定した際に、LINE WORKSへも通知可能
賞与明細:freee人事労務で賞与確定した際に、LINE WORKSへも通知可能
<年末調整機能>
開始通知:freee人事労務で年末調整を開始した際にLINE WORKSへも通知可能

「チャットで勤怠(freee人事労務)」は下記のURLからご利用ください。
https://www.freee.co.jp/lp/hr/resources/lineworks/

■「freee人事労務」について
「freee人事労務」は勤怠管理、給与計算から年末調整・労務手続きまでを一気通貫で自動化できるサービスです。
連続する業務を連携し、転記や手作業をなくすことで、ミスや手間を大幅に削減できます。

「freee人事労務」サービスサイト:https://www.freee.co.jp/hr/



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 品田真季
E-mail: pr@freee.co.jp