プレスリリース 2017-11-08

freee が、総務省後援「第11回 ASPIC IoT・クラウドアワード2017」にて、ASP・SaaS部門の「基幹業務系分野グランプリ」を受賞

freee は、当社が提供する「人事労務 freee」が、日本国内で提供されているASP・SaaS/IaaS・Paas/IoT・AIのサービスなどを表彰する「第11回 ASPIC IoT・クラウドアワード2017」(主催:特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoT クラウド コンソーシアム(以下ASPIC)、後援:総務省、東京商工会議所ほか)において、ASP・SaaS部門の「基幹業務系分野グランプリ」を受賞したことをお知らせいたします。今回の受賞を機に、「人事労務 freee」という HR プラットフォームを通じて、中小・中堅企業の働き方改革の支援に一層尽力してまいります。

 

20171108_ASPIC

 

「ASPIC IoT・クラウドアワード2017」について

今回で第11回となるASP IoT・クラウドアワードは日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウド・IoTサービスを表彰し、 IoT・クラウド事業者並びにユーザー企業の事業拡大を支援するものです。
freeeは、この度、当社が提供する「人事労務 freee」でASP・SaaS部門の「基幹業務系分野グランプリ」を受賞いたしました。なお、「クラウド会計ソフト freee」でASP・SaaS部門の「ベストイノベーション賞」(2013年)、「クラウド給与計算ソフト freee」(現「人事労務 freee」)でASP・SaaS部門の「ベンチャー大賞」(2014年)を受賞しており、本アワードでは3度目の受賞になります。

ASPIC 公式ウェブサイト:http://www.aspicjapan.org/index.html

 

人事労務に関わる全ての情報更新を一気通貫で完了できる「人事労務 freee」

「人事労務 freee」は、10万事業所以上にご利用いただいている「クラウド給与計算 freee」を2017年8月にフルリニューアルしたHRプラットフォームです。入退社手続きや勤怠管理の新機能・新プランを追加し、HRプラットフォームとして採用や福利厚生、評価などを手がける他社の各種HRサービスとの提携を行っており、今年8月には、経産省後援「第2回 HRテクノロジー大賞」で「労務・福利厚生サービス部門」の優秀賞も受賞しています。

「人事労務 freee」の詳細: https://www.freee.co.jp/hr

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

■ freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「人事労務 freee」                      https://www.freee.co.jp/hr
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」          https://www.freee.co.jp/kaigyou
「freee カード」         https://www.freee.co.jp/card
「経営ハッカー」            https://keiei.freee.co.jp/
「パラキャリ」                           https://parallelcareer.freee.co.jp/

ページトップへ