サービス情報 2021-05-26

スマート受発注、会計freeeで作成した発注書の取り込みが可能に

誰でも無料で使えるスマート受発注を取引先と使うことで発注作業を効率化!

 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、面倒な発注・請求プロセスを効率化する「freeeスマート受発注」に、会計freeeで作成した発注書を連携ボタンから簡単に取り込み、効率的に依頼作成ができる機能をリリースしました。
 これまで、受注者・発注者がお互いにスマート受発注を使うことで、クラウド上で発注書や請求書等の作成・送付の効率化を実現してきました。既に会計freeeで発注書機能を使って取引先に発注している場合、スマート受発注に移行して発注に必要なデータをゼロから入力し直すなど面倒な工数が発生します。
 今回の新機能により、会計freeeで作成した発注書をそのままスマート受発注に取り込めるようになり、発注者から受注者に対して発注書の送付・その後の請求書の回収等をスマート受発注上でスムーズに行うことが可能です。
 スマート受発注は無料でどなたでもご利用いただけますので、この機会に取引先への発注依頼はスマート受発注をお試しください。
 今後も会計freeeとスマート受発注の連動を強化し、更なる受発注業務の効率化を目指してまいります。

 freeeのスマート受発注、発注書取り込み機能を追加

■スマート受発注とは

外注先活用をはじめとした企業、スモールビジネス間の受発注業務を効率化するサービスです。発注者と受注者が、クラウド上において発注や請求に必要なやりとりを直接行います。FAXやメールで書類を送付するのではなく、クラウド上でやりとりすることで、請求書の作成・転記・送付・回収業務を大幅に効率化することが可能です。
なお、これらの機能は全て無料でご利用可能です。

 参考)従来のフローとスマート受発注を使った場合の作業比較
参考)従来のフローとスマート受発注を使った場合の作業比較

freeeスマート受発注:https://www.freee.co.jp/deals/
※会計freee、人事労務freeeアカウントをお持ちでない方もご利用いただけます

 スマート受発注は受注者と発注者がクラウド上でデータの入力/確認ができる
スマート受発注は受注者と発注者がクラウド上でデータの入力/確認ができる

■連携ボタンを新設!会計freeeとスマート受発注を簡単連携

会計freee上に新しくスマート受発注と連携するボタンを追加しました。その後、説明に沿って入力すると会計freeeで作った発注書をスマート受発注に取り込むことが可能です。
※会計freeeを介さなくてもスマート受発注単体で発注書の作成は可能です

 参考)会計freee上に新たにスマート受発注と連携する為のボタンを追加
参考)会計freee上に新たにスマート受発注と連携する為のボタンを追加

■「freeeスマート受発注」新規利用者特典10,000円分プレゼントキャンペーン中!

 スマート受発注 新規利用キャンペーン

freeeスマート受発注で新規発注をした方に、抽選で10,000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催中です。

応募方法
https://www.freee.co.jp/lp/deals/newuser/campaign/
上記URLから必要事項記入の上ご応募ください。
キャンペーン期間:2021/5/19 〜 2021/6/30



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 土島あずさ
E-mail: pr@freee.co.jp