サービス情報 2021-09-30

freee、法人向けに試算表APIの機能強化を実施 詳細なデータ取得・カスタマイズ可能にし「リアルタイム経営分析」を実現


■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・freee API の機能「試算表API」を法人向けに強化しました
・セグメントおよび部門の機能強化、未承認仕訳の対応、製造原価報告書APIをリリースしました
・各社の用途に合わせて試算表データを取得・カスタマイズすることにより「リアルタイム経営分析」を実現します




freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、法人向けに試算表APIの機能強化を実施したことをお知らせします。 試算表APIを活用することで、freee会計にログインすることなく経営状況を確認でき、自社向けにカスタマイズした経営分析用レポートなど、用途に合わせた可視化を行うことができます。 今回の機能強化によりセグメントおよび部門の機能強化、未承認仕訳の対応、製造原価報告書のデータを取得し、より詳細な項目が設定可能となることで「リアルタイム経営分析」を実現します。

■試算表APIについて

freeeの試算表APIは貸借対照表、損益計算書などを利用することができるAPIです。 試算表APIを利用すると、freeeにログインすることなくデータを取得し、自社向けカスタマイズや経営分析用レポートなど、用途に合わせた可視化を行うことができるようになります。 freee Developers Community:https://developer.freee.co.jp/

■試算表APIの機能強化で「リアルタイム経営分析」を実現

今回リリースした試算表APIの機能強化・新機能は以下のとおりです。

【セグメントおよび部門の機能強化、未承認仕訳の対応】

セグメントおよび部門に関する機能強化を行いました。これらの機能を利用することにより以下の対応が可能となり、freeeが目指している「リアルタイム経営分析」を実現します。
・部門ごとに貸借対照表の内訳を表示・絞り込みが可能
・事業セグメントごとに内訳表示・損益計算書の比較が可能
・未承認仕訳を含めるか含めないかを選択可能

【製造原価報告書APIをリリース】

新たに製造原価報告書APIをリリースしました。このリリースにより、製造業の予実管理・経営分析がさらに深く行えるようになりました。

freeeはこれからも、スモールビジネスの皆さまに「マジ価値」を届けきるため機能強化・新機能のリリースを行ってまいります。

※製造原価報告書APIは、対応するプランをご利用中かつ「製造業向け機能」をオンにした場合に利用可能となります。

■freee株式会社 概要

会社名  freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  CEO 佐々木大輔
設立   2012年7月9日
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル9F
https://corp.freee.co.jp/

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、だれもが自由に経営できる統合型経営プラットフォームを実現します。日本発のSaaS型クラウドサービスとして、パートナーや金融機関と連携することでオープンなプラットフォームを構築し、「マジ価値」を提供し続けます。



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 野澤
E-mail: pr@freee.co.jp