プレスリリース 2017-05-31

freeeが横浜銀行との協業施策第2弾をスタート。「〈はまぎん〉創業サポートパック」で地域のビジネス創業を共同支援

freee株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee)は、株式会社 横浜銀行(本社:神奈川県横浜市、代表取締役頭取:川村健一、以下横浜銀行)が新たに取扱いを開始する「〈はまぎん〉創業サポートパック 」において、新たな協業施策の提供を開始いたします。freee と横浜銀行との協業では、freee の会計データを活用した融資サービスである「クラウド会計ソフト freee 提携〈はまぎん〉スーパービジネスローン」に続く施策になります。今回の施策を通じて創業時の負担を軽減し、スモールビジネスによる地域経済の活性化に貢献してまいります。

summary


■ 創業時のバックオフィス業務に係る事務負担を軽減する横浜銀行との協業施策

freee が2015年6月にリリースした「会社設立 freee」を通じて、これまで4,400以上の法人が設立されるなど、freee は創業支援に積極的に取り組んでまいりました。

この度、freee と横浜銀行は、「クラウド会計ソフト freee 提携〈はまぎん〉スーパービジネスローン」(2016年12月より開始)に続く協業施策の第2弾として、「〈はまぎん〉創業サポートパック」において新たな協業施策を6月1日より開始いたします。創業には様々な書類の手続き、財務・会計を含む経営知識の習得など、本業以外で事業者に多くの負担がかかります。今回の施策を通じて、これらの負担を軽減し、スモールビジネスによる地域経済の活性化に貢献してまいります。

具体的な施策内容として、「〈はまぎん〉創業サポートパック」の利用者※1に対して、「クラウド会計ソフト freee」の2か月無料クーポンを提供いたします。また、創業間もない法人向けのセミナーの開催についても今後検討してまいります。

「〈はまぎん〉創業サポートパック」のお申込み手続きについては、横浜銀行のホームページ※2をご確認ください。

※1 創業より2年未満の法人に限ります
※2 http://www.boy.co.jp/


■ freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」 https://www.freee.co.jp/hr
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」          https://www.freee.co.jp/kaigyou
「経営ハッカー」          https://keiei.freee.co.jp/

ページトップへ