サービス情報 2021-08-17

freeeプロジェクト管理、勤怠管理システム「KING OF TIME」と連携 勤怠データを連携し工数入力を効率化


■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・勤怠管理サービスシェアNo.1のKING OF TIMEとfreeeプロジェクト管理が勤怠データ連携が可能になりました
・自動で勤怠データを取り込み、手動だった工数入力を効率化します
・freeeアプリストアに「KING OF TIME」掲載しました。簡単操作で連携可能です



 freeeプロジェクト管理、勤怠管理システム「KING OF TIME」と連携 勤怠データを連携し工数入力を効率化



 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)が提供するプロジェクトの工数管理・収支管理ができるサービス「freeeプロジェクト管理」は、株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:恵志 章夫)が提供するクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」とAPIによるサービス連携を開始しました。
本連携により、「KING OF TIME」上の勤怠実績のデータが「freeeプロジェクト管理」に自動的に取り込まれ、よりリアルタイムかつ正確な工数管理が可能になります。

■freeeプロジェクト管理とは

 freeeプロジェクト管理


freeeプロジェクト管理とは、主にプロジェクト型ビジネスを行う企業に向けた、プロジェクト毎の工数管理・経費管理を簡素化し、リアルタイムでプロジェクト毎の収支管理を可能とするサービスです。

freeeプロジェクト管理:https://www.freee.co.jp/project-management/

■ KING OF TIMEについて

 KING OF TIME


KING OF TIMEは市場シェアNo.1※の実績を持つクラウド勤怠管理システムです。
出退勤の打刻は、PC・スマートフォン(ブラウザ・アプリ)、ICカード、指紋、顔認証、温度検知連携、入退室連携など様々な手段から選択でき、休暇の取得、残業の申請承認など、従業員と管理者間でのやりとりもオンラインリアルタイムで行うことができます。
変形労働時間制など複雑な勤務集計や法改正にも対応し、企業ごとに異なる就業ルールにも柔軟な設定で対応可能です。
2021年7月時点での導入企業は28,100社以上、アクティブユーザー数2,013,000人にのぼります。
※富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2020年版」勤怠管理SaaS市場 利用ID数

KING OF TIME: https://www.kingtime.jp

■「freeeプロジェクト管理」と「KING OF TIME」の連携機能のご利用方法

freeeアプリストアより「KING OF TIME」を連携いただけます。 freeeアプリストア:https://app.secure.freee.co.jp/
「KING OF TIME」連携アプリ詳細ページ:https://app.secure.freee.co.jp/applications/12677



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 土島あずさ
E-mail: pr@freee.co.jp