その他 2022-03-25

freee出版の書籍第2弾「倒産した時の話をしようか」販売決定! 刊行を記念して「倒産」を深掘るポッドキャストもお届けします


■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・freee出版の書籍第2弾「倒産した時の話をしようか」の発売が決定し、予約受付をスタートしております
・「倒産」という長らく一般的に「人生の終わり」とネガティブに捉えられている事象を、「糧となる資産」として、ポジティブに定義し直す本です
・刊行を記念して、書籍のテーマにもなっている「倒産」をオープンに語り、挑戦する勇気を届けるポッドキャストもお届けします


freee出版書籍第2弾は「倒産」がテーマ!

 freeeのミッションやビジョンを体現するための出版レーベル、freee出版の書籍第2弾「倒産した時の話をしようか ~8人の倒産社長に学ぶ『失敗』を『資産』に変える挑戦のヒント~」の発売が決定しました。

 発売は、4月20日(水)、予約受け付けはスタートしております。

 本書では、8人の様々な経歴を持つ「倒産社長」に、倒産したら何が起き、破産するとどうなってしまうのか。そして、再び立ち上がるためのヒントは何かを語っていただきました。

 「倒産」というと、一般的には長らく「人生の終わり」と捉えられるネガティブな事象だったと思います。しかし「倒産」というものを新たな視点で捉えなおしたとき、そこには今の社会にとって大切なものが見えてきました。

 今、悩みを抱えている起業家、経営者をはじめ、すべての「挑戦する人」の背中を押す一冊になっています。

 ぜひ、ご一読ください。


書籍刊行に伴うポッドキャスト番組もスタート!

 また書籍刊行に伴い、書籍のテーマにもなっている「倒産」をテーマにしたポッドキャスト番組を、全10回(予定)にわたり、お届けいたします。

 聞き手には、株式会社Huuuu代表で編集者の徳谷柿次郎さん、そして著者「経営の孤独」で経営者の悩みに寄り添ってきた作家 土門 蘭さん。お二人が、倒産経験などを経て新しいステージに挑戦されているゲストに話を聞いていきます。

"倒産の話をオープンにすることで、挑戦する勇気を届ける"ことをテーマにしたポッドキャスト番組。ぜひ、お立ち寄りください。


書籍について

【書籍名】「倒産した時の話をしようか」
     ~8人の倒産社長に学ぶ「失敗」を「資産」に変える挑戦のヒント~
【発売日】2022年4月20日(水)
【予約受付】下記にてスタートしています
 ※予約はこちらから( https://www.amazon.co.jp/dp/4910653023/  )
【価格】定価 1,760円(本体1,600円+税10%)
【著者】
▼関根諒介(せきね りょうすけ)

 1984年栃木県生まれ。早稲田大学卒業後、三井住友カード、みずほ銀行を経て2016年にfreee株式会社入社。経営管理・資金調達業務と並行し、東証マザーズへの上場準備業務に従事(同社は2019年12月上場)。2021年より同社金融事業本部金融プラットフォーム部部長。武蔵野美術大学大学院造形構想研究科クリエイティブリーダーシップコース修士課程修了。倒産社長をはじめとした挫折体験者の精神的回復・ウェルビーイングを促すナラティヴ・デザインについて研究を行っている。

※書籍内容の詳細はこのお知らせの下部に掲載しています


ポッドキャストについて

【番組名】「倒産した時の話をしようか?」
【配信日】2022年3月25日(金)11時配信スタート
    (第2回以降、毎週水曜日11時配信予定)
【番組URL】https://anchor.fm/freee-publishing
【聞き手】
▼徳谷柿次郎(とくたに かきじろう)

 1982年大阪生まれ。長野県在住。コンテンツメーカー「有限会社ノオト」、「株式会社バーグハンバーグバーグ」を経て、2017年に「株式会社Huuuu」を設立。全国47都道府県のローカル領域を軸に活動している。
どこでも地元メディア『ジモコロ』編集長7年目。長野県の移住総合メディア『SuuHaa』を立ち上げたり、善光寺近くでお土産屋『シンカイ』を運営したり、自然と都会の価値を反復横とびしている。
▼土門 蘭(どもん らん)
 1985年広島出身、京都在住。小説、短歌、エッセイなどの文芸作品や、インタビュー記事を執筆する。著書に、歌画集『100年後あなたもわたしもいない日に』、インタビュー集『経営者の孤独。』、小説『戦争と五人の女』がある。


書籍詳細

 書籍の全体像写真


連続起業家・投資家 家入一真氏、推薦!!

 コロナ禍や不況の時代にあっても、なかなか語られることのない、「倒産した時の話」。
倒産したら、何が起きるのか? 破産したら、どうなってしまうのか?
本書では、8人の様々な経歴を持つ「倒産社長」に、詳細なお話を伺いました。
起業から事業が成功するまで、そして倒産を経て現在に至るまで。
倒産社長たちが赤裸々に語るエピソードからは、「失敗の原因」のみならず、失敗を唯一無二の資産にして、「再び立ち上がるためのヒント」を知ることができます。
倒産という過酷な経験を経てもなお、今をイキイキと生きる倒産社長たちの姿には、大きな勇気をもらえるでしょう。

 また本書では、家入一真氏のほか、経済産業省近畿経済産業局の『再チャレンジ起業家ガイドブック』担当者や、失敗経験のある起業家を対象とした投資ファンド「福活ファンド」の活用事例についての対談も収録。
 さらに、倒産案件を扱う弁護士や、経営者のメンタル問題の専門家によるコラムなど、多種多様な視点から、「倒産した時どうなるのか」、そして「失敗を経験した後、より良く人生を生きるために必要なことは何か」を明らかにしていきます。

 今悩みを抱えている起業家・経営者をはじめとして、全ての「挑戦する人」の背中を押す一冊です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<目次>
はじめに

第1章 倒産しても、人生は終わりじゃない
CASE1 世界で勝負する飲食事業の仕掛け人 居酒屋チェーン経営 Hさん
CASE2 炭シャンプーが空前絶後の大ヒット 美容商品販売・サロン経営 Sさん
CASE3 バイクレーサーから日本一の住宅販売業者に 住宅販売会社経営 Eさん
Column1 倒産とは何か?
Column2 倒産手続きのフローとよくある質問

第2章 倒産を振り返り、周囲に感謝する
CASE4 LA発のバッグで一世を風靡 アパレルブランド経営 Yさん
CASE5 年商50億円超えの二代目社長 化学工業薬品商社経営 Bさん
CASE6 中国ウェブ広告の黎明期を開拓 広告代理店経営 Mさん
Column3 経営者とメンタルヘルスの問題
Column4 倒産をデータで理解する

第3章 倒産から学び、武器にする
CASE7 O2Oビジネスの先駆者 デジタルマーケティング企業経営 Yさん
CASE8 複数の領域・事業で面目躍如 バイク買い取り、デジタルサイネージ・コンサル事業、建築会社経営 Nさん
Column5 倒産社長の再起業における支援実態

第4章 倒産のこれから
対談1 経済産業省 近畿経済産業局 『再チャレンジ起業家ガイドブック』担当 増井浩行さん
対談2 再チャレンジに特化した投資ファンド 「福活ファンド」活用事例 ミーチュー株式会社 小泉拓学さん
対談3 連続起業家・投資家 家入一真さん

おわりに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【書店様・小売店舗様からのご注文も受付中!】

小さな店舗を応援する「スモールビジネス応援」販売パッケージ。
1冊からご注文いただけます。
卸値:上代の70%(買切)
※最小注文数の設定はございません。送料はfreee出版で負担いたします。

【freee出版とは?】

「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、
統合型経営プラットフォームを提供しているfreee株式会社が発足した出版レーベル。
それが、freee出版です。

起業やビジネスを育てていくことを、もっと魅力的で気軽な行為に。
個人事業や中小企業などのスモールビジネスに携わるすべての人が、
じぶんらしく自信をもって経営できるように。

freee出版は、書籍やイベントを通じてスモールビジネスの経営に関するナレッジを探求・発信し、だれもが自由に自然体で経営できる環境をつくっていきます。


これまでの刊行した書籍・雑誌

【書籍名】「ウルトラニッチ 小さな発見から始まるモノづくりのヒント」
【価格】1,760円(本体1,600円+税10%)
【著者】:稀人ハンター 川内イオ
※購入はこちら https://www.amazon.co.jp/dp/4910653007/

【雑誌】起業時代(きぎょーじだい)
【価格】660円(税込み)
※全国書店、コンビニ、Amazon等ネット書店でお求めいただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4910653015/

 freee出版 スモールビジネスの翼になる。だれもが自由に経営できる環境をつくる、スモールビジネスのための出版レーベル



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 高野和也
E-mail: pr@freee.co.jp