サービス情報2023-06-28

freee人事労務、「50人以上の義務かんたん診断」の提供を開始 2つの質問に答えるだけで「やることリスト」を作成


■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・freee人事労務では「50人以上の義務かんたん診断」の提供を開始しました
・労働安全衛生法に定められている従業員が50人以上の場合に発生する義務対応について本診断ツールの2つの質問に回答するだけで必要な対応内容を把握し、「やることリスト」を作成することができます


freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)が提供するfreee人事労務では「50人以上の義務かんたん診断」の提供を開始しました。
労働安全衛生法に定められている従業員が50人以上の場合に発生する義務対応があり、本診断ツールの2つの質問に回答するだけで必要な対応内容を把握し、「やることリスト」を作成することができます。

■50人以上の事業場に求められる義務対応の「やることリスト」を作成
従業員が50人を超えた事業場には労働安全衛生法上で義務として大きくは下記の5つの対応が求められています。
・衛生委員会の設置
・産業医の選任
・衛生管理者の選任
・ストレスチェックの実施
・定期健康診断結果報告書の提出
一方で、50人未満の事業場においても企業は従業員の安全・健康確保のため安全配慮義務を負っています。50人未満の事業場の場合、これらの義務に対応できる専任担当者の不在や初めての対応であることも多く、必要書類や手続きに関して情報収集から時間を要する場合があります。
「50人以上の義務かんたん診断」から2つの質問に回答するだけで「やることリスト」を作成し、必要なアクションを確認できます。
なお、本診断は日本社会保険労務士法人監修のもと提供をしております。

■「50人以上の義務かんたん診断」のご利用方法
下記のURLからご利用ください。
freeeアカウントをお持ちでない方も無料でご利用いただけます。

「50人以上の義務かんたん診断」:https://www.freee.co.jp/hr/over-50-employees/

■freee人事労務では6月を「人事労務月間」として人事労務に携わるみなさんをサポート

6月6日の「人事労務の日」(※)にちなんで、freee人事労務では6月を「人事労務月間」として人事労務を担当する皆さんをサポートするための情報発信を強化します。
また、「働く毎日を支えるあの人を主役に。」というテーマとともに、freeeでは人事労務を担当する皆さんに主役となってもらい感謝を伝える日として、6月25日(日)までの期間に皆さまからの人事労務業務にまつわるエピソードや人事労務業務を担当している方への感謝のメッセージを募集します。
「#freee人事労務の日」を付けてTwitterに投稿いただいたエピソードの中から66名様にfreeeオリジナルグッズをプレゼントいたします。

※「人事労務の日」は南総労務管理センター・有限会社一南経営サポートの代表である社会保険労務士の渡邉昌俊 氏が制定した記念日です

■「freee人事労務」について
「freee人事労務」は勤怠管理、給与計算から年末調整・労務手続きまでを一気通貫で自動化できるサービスです。
連続する業務を連携し、転記や手作業をなくすことで、ミスや手間を大幅に削減できます。

「freee人事労務」サービスサイト:https://www.freee.co.jp/hr/



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 品田真季
E-mail: pr@freee.co.jp