サービス情報 2022-01-24

freee会計と楽天銀行のAPI連携契約満了に伴う 口座明細の自動取り込み停止のお知らせ


■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・楽天銀行の参照系APIを活用した法人・個人ビジネス・個人口座のAPI連携契約が満了をむかえます
・それに伴い、2月24日17時頃に口座明細の自動取り込みが停止されます
・同日以降、楽天銀行口座との連携はCSVファイルのアップロードで対応いただくことが可能です
・本件により影響のあるユーザーの方へは個別にご連絡をさせていただきます


2月14日追記:楽天銀行口座の口座明細自動取り込み停止に伴いご不便をおかけしますこと重ねてお詫び申し上げます。
お客様のご利用しやすさに配慮し、明細アップロード機能の改修を行うとともに、明細アップロード操作方法の説明動画の公開とヘルプページの更新を実施いたしました。

▼個人口座の明細アップロード方法(動画)
https://youtu.be/NAFd6_qv35I(freee公式YouTube)

▼楽天銀行口座の明細アップロード操作方法(ヘルプページ)
https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/4414077747481


freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は楽天銀行との間で行っている参照系のAPI※を活用した法人口座・個人ビジネス・個人口座の利用明細の自動取り込みについて、2022年2月24日(木)17時頃をもって停止することをお知らせします。
楽天銀行とは2020年3月からAPI連携を開始しておりましたが、2022年2月24日17時頃をもって契約期間を満了することに伴いAPI連携を終了することになりました。なお、楽天カード・楽天Edy・楽天市場・楽天Pay(実店舗決済)の自動取り込み機能は従来どおりご利用いただけます。
freee会計で楽天銀行口座明細を自動取り込みをしてご利用いただいている方におかれましてはご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
本件により影響のあるfreee会計ユーザーの方におかれましては弊社より個別連絡をさせていただきます。

※金融機関の口座情報を外部連携するAPIのうち金融機関の入出金明細や残高情報等を外部サービスに情報連携するAPIを参照系と呼称します。

■API連携停止後の楽天銀行口座明細の取り込みについて

2月24日(木)以降は、楽天銀行のインターネットバンキングから口座明細データのCSVファイルをダウンロードしfreee会計にアップロードする対応を行っていただく必要があります。

明細アップロード方法の詳細はこちらをご確認ください:ヘルプページ
※金融機関口座明細の自動取り込みが可能な金融機関は、こちらをご参照ください。

freeeでは今後もスモールビジネスのみなさまにとって、だれもが自由に経営できる統合型経営プラットフォームを提供できるよう邁進してまいります。



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 野澤真季
E-mail: pr@freee.co.jp