イベント 2020-10-30

freee主催 完全オンラインの参加型映画祭 「スモールビジネス映画祭 2020」を11月13日(金)から開催!

俳優 駿河太郎、でんでん出演の短編映画『ムカチノカチカ』を公開
主題歌は話題のtofubeatsによる特別楽曲書き下ろし!

 スモールビジネス映画祭 2020

 撮影風景


 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、個人事業や中小企業等スモールビジネスをテーマにした生き方を応援する映画をみんなで見る、集める、語り合う、完全オンラインの参加型映画祭「スモールビジネス映画祭 2020」を特設サイト(https://www.freee.co.jp/event/filmfes2020)にて、2020年11月13日(金)〜11月30日(月)の期間、開催します。

*******「スモールビジネス映画祭 2020」メインコンテンツ*******
スモールビジネス映画祭スペシャル短編映画『ムカチノカチカ』が公開!


 この「スモールビジネス映画祭 2020」は、個人事業や中小企業をテーマにした映画をテーマに、そのストーリーの力で一人ひとりの「生き方」を応援するお祭りです。
学生、社会人、すでに事業を営んでいる皆さんなどあらゆる方に、これからの生き方を広げてくれるような映画と出会ってほしいという思いから、この度メインコンテンツとして、俳優の駿河太郎、でんでん出演の短編映画『ムカチノカチカ』を公開する運びとなりました。

◆短編映画『ムカチノカチカ』について
 映画は、働くとは?仕事とは何か?と悶々としていた会社員の名波(駿河太郎)が、漁港で捨てられそうになっている「雑魚(読み:ザコ)」とそこで働く漁師たちと出会い、生き方や人生を見つめ直すストーリーです。
 2020年2月に開催されたfreee主催「確定申告FES」のコンテンツ「STORY AWARD 2020」で最優秀賞を獲得した小田原に実在する雑魚を使った料理を提供する飲食店『Kai’s Kitchen』のストーリーを元に、スペシャル短編映画『ムカチノカチカ』を制作しました。原作、監督、音楽、制作クリエイター、制作に関わるスタッフは皆スモールビジネス経験者です。映画祭の趣旨に共感したスモールビジネスオーナーが紡ぐ、誰かの生き方を広げる、短編映画です。

主題歌はtofubeatsが書き下ろし楽曲「自由」を提供。新しい挑戦をする人の背中を押す、エールとなるような楽曲となっています。

詳細は特設サイト(https://www.freee.co.jp/event/filmfes2020)をご覧いただき、これから公開される追加情報に是非ご期待ください。



駿河太郎(役名:名波) 撮影後インタビュー
 駿河太郎

・サラリーマンから料理人に転身する役を演じてみての感想
「自分が会社という小さいところから“飛び出す選択肢”を選ぶということ、そして この主人公はこの先どうなるか分からないけど、決意を持って挑戦・実行するとこ ろが個人的にすごく好きです。それに主人公はいい人に巡り合ったというのは大き いと思うし、この映画でいうと自分もでんでんさんとも出来たのは嬉しかったで す。また、人が一歩前に踏み出すというのは演じていて気持ちが良いもので、観ている方にも何か感じるものがあればいいな、そして皆さんの勇気を支えられる映画 になればいいなと思いました」

・雑魚料理を食べてみていかがでしたか?
「今回の作品をきっかけに雑魚の存在を知りました。雑魚のあら汁がとても美味しかったです。唐揚げは特に初めての感覚でした。魚の骨せんべいとも違う、身をふわっとさせたような感じで、料理の仕方も工夫されたんだなと感じました」

・将来を考える中高校生の皆さんに社会にでる上でのアドバイスは?
「僕はバイト生活がすごく長くて、酒屋、イタリアン、メッセンジャー、バー、コールセンターなど色んなことをやりました。お金を稼ぐことの大変さを知れたし、貯める・増やすのバランス感覚もバイトを通して持てると思います」

・自分の人生を一歩変えたと感じるオススメの映画は?
「香港・韓国系のノワール系映画が好きで、韓国のヤン・イクチュン監督の『息もできない』を映画館で見た時に、初めて嗚咽を押し殺して泣いたんですよ。映画館 で泣くなんて初体験で衝撃の映画でしたね。彼は役者も編集も監督も全部自分でやっていてそれも素晴らしいし、初めて同じ映画を2回観るほどでした」

・次に挑戦してみたい役柄は?
「絶対ないと思いますが”ラブコメ”の作品に挑戦したいです!普通若手のイケメン 俳優達が演じると思うところ、自分の同年代の男女で、酸いも甘いも分かっている 者同士の駆け引きがあるラブストーリーをやってみたいですね(笑)」

でんでん(役名:漁師吉岡) 撮影後インタビュー
 でんでん

・漁師役を演じてみてのご感想は?
「以前、沼津で仲買人の役を演じたことがありますが、今回はとにかく“元気のいいおやじを楽しくやる!”という思いで演じました。コロナにより、色々なことがあって仕事への考え方が変わりました。自粛中は外へ出るのが嫌だな〜なんて声も多くあったかと思いますが、僕は今仕事するのが楽しくなりましたね。なので今日もとても楽しく仕事出来ていますよ!」

・そもそも雑魚という魚をご存知でしたか?
「雑魚と言う魚ももちろん知っているし、漢字も知っていますよ!以前、雑魚を無駄にしないように調理し、料理を作っているのを観たことがあって、その料理もとても美味しそうでした。腕のいい人は手間暇かけて料理を作られるから美味しくなるだろうと思っていましたね。それに使える魚を捨ててしまうのは勿体無いですよね!」

・働く人、これから社会人になる人に向けて応援メッセージをお願いします
「僕も23歳までクレジットカード会社に勤めるサラリーマンでした。今は僕も個人 事業主で今年70歳になり、まだまだ働きたいと思っているので共に頑張っていきましょう!」

 渡部亮平

監督・脚本:渡部亮平
映画やドラマにおいて活躍が期待される新進気鋭監督。
代表作は、神木隆之介主演『3月のライオン』脚本、連続ドラマ『時をかける少女』脚本など。2021年2月公開予定の映画土屋太鳳主演 『哀愁しんでれら』で商業監督デビューが決定している。

 tofubeats

音楽:tofubeats
トラックメーカー/DJ。中学時代から音楽活動を開始し、高校3 年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。その後、「水星feat. オノマトペ大臣」がiTunesStoreシングル総合チャートで1 位を獲得。
最近では、テレビ東京系ドラマ「電影少女- VIDEOGIRLAI2018 - 」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ多方面で注目されている。
自身の会社を立ち上げ多岐にわたる音楽活動を行うスモールビジネスオーナー。

 tofubeats

ストーリーのモデル:甲斐昂成
1988年、熊本県生まれ。雑魚(ザコ)やマイナー魚、未利用魚と呼ばれるお魚の美味しさをご紹介するお店「Kai’s Kitchen」を経営する傍ら、出張お魚料理人やお魚捌き方教室主宰、お魚コンサルタントとして活動。本当は美味しいのに誰にも知られずに捨てられているお魚を、少しでも多くの人に食べてもらって「美味しい」を共有したい。そんな願いの延長線上に日本の漁業の変革を描いている。

■イベント概要

  • タイトル  「スモールビジネス映画祭 2020」
  • 日程    2020年11月13日〜30日
  •   *オンライン上映イベントは期間中に開催
  • 参加方法  特設サイト(https://www.freee.co.jp/event/filmfes2020)にアクセス
  • 参加費用  無料
  • 主催 freee株式会社
  • メディアパートナー J-Wave Forbes JAPAN Ledge.ai
  • 後援 エヌエヌ生命保険株式会社、株式会社L&Gグローバルビジネス、一般社団法人クリエイティブレスポンス、サイボウズ株式会社、GMOペパポ株式会社、株式会社シンカ、Square株式会社、株式会社スペースマーケット、株式会社SmartHR、株式会社タイムリープ、株式会社Takram、Do it Theater、HubSpot Japan 株式会社、株式会社ビザスク、株式会社フーディソン、一般社団法人 プロフェッショナル&パラレルキャリア ・ フリーランス協会 、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン



<本件に関するお問い合わせ先>
freee 「スモールビジネス映画祭 2020」 PR土島あずさ
E-mail : azusa@freee.co.jp