プレスリリース 2020-06-18

利用可能性の高い資金調達手段を検索&比較 オンライン資金調達プラットフォーム「資金調達freee」β版の提供開始

freee finance lab株式会社(本社:東京都品川区、以下「freee finance lab」)は、中小企業と個人事業主を対象とした利用可能性の高い資金調達手段を検索・比較して申込ができるオンライン資金調達プラットフォーム「資金調達freee」のβ版を提供開始しました。

■融資審査通過可能性が高い商品を提示、資金調達をよりスムーズに

資金調達において、大企業・中堅企業の場合には専任の財務担当者やCFOが金融機関から複数の資金調達手段の提案を受けることができる一方で、スモールビジネスでは地域金融機関や日本政策金融公庫からの融資など選択肢が限定されていました。
「資金調達freee」β版では、資金調達格差をなくすためスモールビジネスの方を対象に審査通過可能性が高いものに限定して表示・申込みが可能となります。表示方法については各金融商品の申込要件や審査基準を元に、freee finance labが独自の基準に基づいて診断を行います。
従来、審査通過可能性がわからないまま金融機関窓口に出向き審査に数週間と要していた時間を有効活用できるとともに、経営者の精神的負担も軽減することができます。
今後は資金調達の可否だけでなく、借入・買取可能額や利率幅、手数料率の診断を可能とする機能や、金融機関などへの審査用データの提出ができる機能を追加予定です。また「資金調達freee」内にデータ蓄積を進めていただくことで、診断条件の改善も可能となります。

■「資金調達freee」β版で表示される金融機関などのサービス

・ライフカード
ライフローンカードビジネス、ビジネスパートナーローン、ライフローンカードYours
・ビジネクスト
事業者向けビジネスローン
・GMOペイメントゲートウェイ
GMO BtoB早払い

■「資金調達freee」のアップデート予定

2020年秋頃を目処に下記のアップデートを予定しています。
金融機関などへの審査書類作成の手間を省略し、審査をよりスピーディーに行うことが可能となります。
・複数取引口座の入出金明細や財務情報から、借入・買取可能額や利率、手数料率条件のレンジを表示
・「資金調達freee」を介して金融機関などへの審査用データの提出を可能に

<本件に関するお問い合わせ先>
freee 株式会社 広報 (PR) 野澤真季
E-mail: pr@freee.co.jp