プレスリリース 2020-07-21

freee、Microsoft Power Appsの提供を開始 スモールビジネスの業務生産性の向上を支援

 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は日本マイクロソフト株式会社が提供するMicrosoft Power Apps(※1)を活用した取引先や請求書、入出金ステータスの連携が可能なアプリケーションサービスをスモールビジネス向けに提供開始します。また、freeeはかねてより推進しているオープンプラットフォーム戦略(※2)の一つとしてMicrosoft Power Platform上にクラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)との連携を可能とするために、Public APIと接続可能なカスタムコネクタを開発しました。

これにより、マイクロソフトの製品を利用している事業所は、データの一元管理と会計freeeへの情報連携が容易になるだけでなく、freeeのサービスと300を超えるビジネスアプリの連携が日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で可能となります。

※1 Microsoft、Azure、Office 365、Power Apps、は米国Mircrosoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標、または商標です。

※2 APIを活用した外部サービス連携を強化し、APIエコノミー形成を目指す新戦略を指します。

image3.png

■Microsoft Power Appsを活用してスモールビジネスの生産性を向上

日本マイクロソフトのパートナーエコシステムやOffice 365ユーザーを通じて「会計freee」を初めとするクラウドサービスを普及させ、国内のスモールビジネスの生産性向上を目的としています。

今後は、日本マイクロソフトが提供する生産性向上クラウドサービス「Microsoft 365」(※3)におけるチーム コラボレーションのハブである「Microsoft Teams」や「Office 365」との連携も予定しており、コロナ禍で普及したテレワークの利便性向上にも寄与します。

※3 Microsoft 365は、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。

■Microsoft Power Appsについて

日本マイクロソフトがビジネスユーザー向けに提供している業務アプリケーションプラットフォーム「Microsoft Power Platform」の中に含まれるローコードのアプリケーション開発ツールです。コーディングが不要でPower Appsを使用して作成したアプリケーションは社内外のクラウドサービスとの連携が可能です。

■日本マイクロソフト株式会社様からのコメント

日本マイクロソフトは、この度のfreee株式会社様の「Microsoft Power Apps」の提供開始を心より歓迎いたします。freee株式会社様のサービスとビジネスアプリ開発プラットフォームであるPower Apps連携がユーザー様のデジタルトランスフォーメーション(データ活用の促進)を実現する礎となること期待しております。日本マイクロソフトは引き続きfreee株式会社様とともに国内のスモールビジネスのクラウドサービスの普及と業務効率改善に努めてまいります。

日本マイクロソフト株式会社 ビジネスアプリケーション事業本部 本部長 大谷 健

■8月5日「freee × Microsoft Power Apps連携アプリリリース記念セミナー」を開催

クラウドERPの会計freeeがMicrosoft Power Appsと連携したアプリケーションサービスをリリースをしたことを記念し、セミナーを開催いたします。

当日はfreee、日本マイクロソフト株式会社と共に連携アプリケーションを開発した株式会社ROITにも登壇いただき、連携アプリの概要、デモと連携関連する各社のサービスについてご説明いたします。

<開催概要>

・対象:法人の経営者・経営層及びその同伴者

・開催日:2020年8月5日(水)14時00分〜15時00分(予定)

・開催方法:オンライン

・参加社数:300社限定

・費用:無料

・登録方法:以下のお申込みページより参加登録を行ってください。

 URL:https://go.freee.co.jp/20200805_freee_Microsoft_seminar.html

・共催:日本マイクロソフト株式会社、株式会社ROIT、freee株式会社 

・注意事項:先着順で上限に達し次第受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。

<登壇者>

日本マイクロソフト株式会社

パートナー事業本部 パートナー営業統括本部 SMB営業本部 シニアクラウドセールスマネージャー 中嶋信行 氏

image1.jpg









2002年マイクロソフト入社。以後中小規模企業市場でのパートナー様担当として、技術担当、マーケティング担当、CSP担当を経て、現在中小規模企業市場におけるBusiness Application製品を担当。

株式会社ROIT

代表取締役社長 柿崎直紀 氏

image5.jpg









株式会社NTTデータでERP、BIのコンサルティング・導入に従事し、2016年5月にクラウド専門のSIerである株式会社ROITを設立

Power Appsを中心としたMicrosoftクラウドアプリケーションを用いて中堅・中小企業のデジタル化を支援。

freee株式会社

プロダクト戦略本部 プラットフォーム部 デベロッパーサクセスマネージャー 永井裕二

image4.png









2007年、モーニングスター株式会社(SBIグループ)へ入社。以降12年半、営業、新規事業、システム開発の経験を積み、2020年、freee株式会社にジョイン。現在は、freeeのPublic APIと他システムを連携させることで「クラウドERP」を実現すべく、各種施策を推進中。



<タイムテーブル>



時間

セッション内容

講演者

14:00-14:10

会計freeeとMicrosoft Power Platformの連携による業務効率化の可能性

freee株式会社

プロダクト戦略本部

プラットフォーム部

永井 裕二

14:10-14:20

データをパワーに、ビジネスを加速する統合プラットフォームMicrosoft Power Platform

日本マイクロソフト株式会社

パートナー事業本部 パートナー営業統括本部 SMB営業本部 シニアクラウドセールスマネージャー

中嶋 信行氏

14:20-14:45

プロダクト連携デモンストレーション

- 営業からバックオフィスまで一気通貫 -

株式会社ROIT

代表取締役社長

柿崎 直紀氏

14:45-14:50

当該連携にかかるライセンス費用とモデルケース

3社

14:50-15:00

質疑応答&アンケート