その他 2020-05-19

毎年5月第3木曜日はアクセシビリティーの普及を世界全体で考える「GAAD」。 freeeアクセシビリティー・ガイドラインを一般公開。デザイナーが登壇。

毎年、5月の第3木曜日はアクセシビリティーの普及を世界全体で考える「Global Accessibility Awareness Day(GAAD)」です。freeeは、アクセシビリティーが高いWebコンテンツの実現に必要な事項をまとめた「freeeアクセシビリティー・ガイドライン」を一般公開しました。また、5月22日(金)に開催する「アクセシビリティの祭典 2020( https://accfes.com/2020/ )」で、freeeのデザイナー山本伶が登壇します。「インクルーシブな製品開発とリモートワークの職場環境」についてお話しします。

【スクリーンショット】freeeアクセシビリティー・ガイドライン

■アクセシビリティーとは

アクセシビリティーとは、年齢や身体障害の有無に関係なく、誰でも必要とする情報に簡単にたどり着け、利用できることをいいます。障害者高齢者を含めた幅広いユーザーに利用方法の選択肢を提供し、使える状況を広げる取り組みを「アクセシビリティーの向上」といいます。

■freeeのアクセシビリティー

【写真】freeeの全盲エンジニアによるスクリーンリーダー操作テスト

freeeのビジョン「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」の”だれでも”は、利用環境の違い、社会的属性の違い、障害の有無、などなどいろいろな違いを越えて、だれでも使えるようにすることを目指す必要があります。障害の有無により使えない人がなるべく生まれないようにする為に、freeeはアクセシビリティーが高いプロダクトやサイトを提供していきます。

■「freeeアクセシビリティー・ガイドライン」を公開

freeeアクセシビリティー・ガイドラインは、アクセシビリティーが高いWebコンテンツの実現に必要な事項をまとめたものです。freeeのプロダクト開発において使いやすいガイドラインを提供することを目的に作成しました。freeeのアクセシビリティーの取組みが他企業の開発現場でも活用できるように社内向けだったものを一般公開しました。
URL:https://a11y-guidelines.freee.co.jp/index.html

■オンラインイベント「アクセシビリティの祭典」 5月22日(金)開催

【スクリーンショット】「アクセシビリティの祭典 2020」サイトトップ

自治体・企業・制作会社・障害者支援施設などに属する方々、障害がある当事者など様々な立場の人が、新しいアクセシビリティー技術に触れて体感できるお祭り「アクセシビリティの祭典」を開催。freeeもスポンサーとしてこのイベントを応援しています。「インクルーシブな製品開発とリモートワークの職場環境」をテーマにfreeeデザイナーの山本伶が登壇します。

日時:2020年5月22日(金) 13時~19時10分
開場:オンライン配信
参加費:無料
主催:チームアイコラボ(事務局:NPO法人アイ・コラボレーション神戸)
イベントURL:https://accfes.com/2020/

freeeは今後も、プロダクトとサイトのアクセシビリティー向上を行ってまいります。

<本件に関するお問い合わせ先> freee 株式会社 広報 (PR) E-mail: pr@freee.co.jp